So-net無料ブログ作成

伊藤龍一の【リノール酸低減式花粉症対策】かゆみ物質を減らし敏感体質から1ヵ月で脱却した方法 [花粉症対策]

このページは、伊藤龍一さんの【リノール酸低減式花粉症対策】、薬を使わないで、かゆみ物質を減らし敏感体質から1ヵ月で脱却した方法の効果や内容などの情報を公開しています。


花粉症による目のかゆみ、腫れ、眼やに、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、息苦しさ、咳、のどの腫れなどの、花粉症に苦しむ日々から抜け出したいあなたへリノール酸低減式花粉症対策をお勧めします!


作者の、伊藤さんが、専門の先生の指導をうけながら、自分の体を実験台にしながら、花粉症を徹底的に研究て作り上げた花粉症対策法で公立病院を受診した40人の方々がほぼ全快しています。

少し専門的な話になりますが、気管支,鼻粘膜,皮膚など、外界と接触する組織の粘膜や結合組織にはマスト細胞という細胞が存在します。

この「マスト細胞」に、花粉が付着したときに、ヒスタミンや、ロイコトリエンといった「かゆみ物質」が大量に放出されるのです。

マスト細胞というのは、ヒスタミンや、ロイコトリエンを抱え込む性質を持っていて、ウイルスや細菌が入ってきたときに、 体を守るための働きですので正常な作用なのですが、

この、マスト細胞に、かゆみの原因物質とされるヒスタミンやロイコトリエンなどが、許容量を超えて溜まりすぎることで花粉症が発症するのです。

この「かゆみ物質」の放出を抑制したり、無力化をする薬もありますが、 かゆみ物質そのものを減らすことはできないのです。


そこで、伊藤さんが研究を重ねた方法は、リノール酸低減することで、薬では減らすことはできない、ヒスタミンや、ロイコトリエンといった、「かゆみ物質」を細胞の中から減らし敏感体質から完全に脱却する方法なのです。


リノール酸低減式花粉症対策は、全73ページのマニュアルで、ダウンロード版(PDFファイル)と冊子配送版が準備されています↓↓↓





リノール酸低減式花粉症対策




共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。