So-net無料ブログ作成
花粉症対策 ブログトップ

薬を使わずに短期間でアレルギー体質を改善する山本式花粉症対策法 [花粉症対策]

このページは、健康コンサルタント山本悠太郎の【山本式花粉症対策法】の薬を使わずに短期間でアレルギー体質を改善する方法の内容などの情報を公開しています。


暖かくなってきて、また花粉の季節かと、悩んでいる方も多いのではないかと思いますが、日本には花粉症をはじめとするアレルギーで悩んでいる人は4,500万人以上といわれています。

そんな花粉症の季節になると、テレビや雑誌では「花粉症対策特集」をしていて、「花粉症には○○を食べると良い」
とか、「花粉症には○○茶を飲んだら良い」などいろいろな商品が出てきて宣伝をされますが、食べ物や飲み物だけでは花粉症は改善しないのです。

マクロビ食など、体に良いとされる食べ物を食べて体質を改善しようとしたら7年以上は覚悟しないといけませんし、

薬を飲んだり、注射を打ったりしても、頭が痛くなったり、眠くなったり、頭がボーっとしてみたり、のどが渇くとか、免疫力が低下してみたり、低体温になったりなど、副作用が出る場合もありますが、


この【山本式花粉症対策法】は、素人が偶然見つけた方法ではなく、プロとして実際に活躍している花粉症対策コンサルタントによる、アレルギー体質を根本的に改善する為のノウハウで、

まず、これまでに食べてきたもののカス、添加物、化学薬品、重金属など、悪い物の摂取をストップし、悪い物を出し、良い物を食べたり、飲んだりしながら、今まで体の中にたまったごみを一掃して、良いものをいれてながら体質自体を変化させていこうという方法です。


作者の山本悠太郎先生は、「ノーベル賞にもっとも近い男」と言われた研究者に師事し、研究室では世界最先端の研究をしながら、現在は、ヒトのDNAや酵素を研究する科学者の立場から、その知識と経験をもとに健康ノウハウを伝えるセミナーやコンサルティングを通して個人や企業の方々に「薬を使わない健康法」を伝えていますが、

教材は専門用語を極力減らし、即実践できる内容がまとめられていますし、体質改善後も、食生活、生活習慣をどのように継続していくかということも教えています。


花粉症のプロのノウハウを知りたいという方は公式サイトも、ご覧下さい↓↓↓





山本式・花粉症対策王ープロの花粉症対策法ー聞き流しで花粉症対策ー(購入者限定音声CD付き)





共通テーマ:健康

福田勝幸の【重度の花粉症の症状を克服した方法!】花粉症では処方されない薬を自分から申告して処方してもらう改善法 [花粉症対策]

このページは、福田勝幸さんの【重度の花粉症の症状を克服した方法!】、花粉症では処方されない薬を自分から申告して処方してもらう改善法の効果や内容などの情報を公開しています。


重度の花粉症の症状を克服した方法の作者、福田さんは、食事療法や、スギ花粉エキスの注射も鼻の粘膜をレーザーで焼いてもダメでしたが、たまたまダメもとで行った病院で●●というものを処方されたのがキッカケで、10年以上花粉症の症状から解放されているのです。

それも、医者から指導された方法では効果もなかったのですが、自分で使い方を色々と研究・工夫した結果なのです。


その●●は、花粉症ですと言って病院に行くと処方される可能性は極めて低いのですが、医者に処方してもらうのではなく、自分から薬名を申告してそれを処方してもらう必要があるのですが、国内の耳鼻科や内科でも、処方してもらうことは可能なようです。

この方法で、福田さんや、試しに実践した方も、3月~5月も東京在住でマスク無し、花粉が多いゴルフ場に行ってもマスクせずに、クシャミ・鼻水・鼻詰まりという症状は一切出ておりません!!


福田さんの、重度の花粉症の症状を克服した方法は、近所の内科か耳鼻科に行って「●●を処方してください」と言ってもらった薬を、福田さんの研究した使い方が詳細に書かれたPDFファイルを読んで実行するだけです。

シンプルで、簡単で根気も必要ありません↓↓↓





重度の花粉暦24年の私が10年前から花粉症と完全にさよならできました。夢のような本当の話。ありとあらゆる花粉症対策を実践して苦節24年でたどり着きました。花粉症の症状を克服した方法!




共通テーマ:健康

伊藤龍一の【リノール酸低減式花粉症対策】かゆみ物質を減らし敏感体質から1ヵ月で脱却した方法 [花粉症対策]

このページは、伊藤龍一さんの【リノール酸低減式花粉症対策】、薬を使わないで、かゆみ物質を減らし敏感体質から1ヵ月で脱却した方法の効果や内容などの情報を公開しています。


花粉症による目のかゆみ、腫れ、眼やに、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、息苦しさ、咳、のどの腫れなどの、花粉症に苦しむ日々から抜け出したいあなたへリノール酸低減式花粉症対策をお勧めします!


作者の、伊藤さんが、専門の先生の指導をうけながら、自分の体を実験台にしながら、花粉症を徹底的に研究て作り上げた花粉症対策法で公立病院を受診した40人の方々がほぼ全快しています。

少し専門的な話になりますが、気管支,鼻粘膜,皮膚など、外界と接触する組織の粘膜や結合組織にはマスト細胞という細胞が存在します。

この「マスト細胞」に、花粉が付着したときに、ヒスタミンや、ロイコトリエンといった「かゆみ物質」が大量に放出されるのです。

マスト細胞というのは、ヒスタミンや、ロイコトリエンを抱え込む性質を持っていて、ウイルスや細菌が入ってきたときに、 体を守るための働きですので正常な作用なのですが、

この、マスト細胞に、かゆみの原因物質とされるヒスタミンやロイコトリエンなどが、許容量を超えて溜まりすぎることで花粉症が発症するのです。

この「かゆみ物質」の放出を抑制したり、無力化をする薬もありますが、 かゆみ物質そのものを減らすことはできないのです。


そこで、伊藤さんが研究を重ねた方法は、リノール酸低減することで、薬では減らすことはできない、ヒスタミンや、ロイコトリエンといった、「かゆみ物質」を細胞の中から減らし敏感体質から完全に脱却する方法なのです。


リノール酸低減式花粉症対策は、全73ページのマニュアルで、ダウンロード版(PDFファイル)と冊子配送版が準備されています↓↓↓





リノール酸低減式花粉症対策




共通テーマ:健康
花粉症対策 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。